2018年 06月 12日 ( 1 )

雨の吉野

出発時は、厚い雲に覆われていましたが、雨は覚悟しましたので”行け~!”です。
大阪を離れるころには霧雨になって、シールド越しが見にくくなりました。
ジャケットも濡れて冷たくなりだしたので、309号線の水越峠手前の大きな木の下で、レインウェアーを着ます。
b0020250_18151735.jpg
御所市から下市方面に向かって、田舎道(なんでしょうね)を走ります。
b0020250_18153430.jpg
吉野山に上がってきます。
”煙り立つようです”
b0020250_18154511.jpg
ここから、奥吉野へ向かいます。
細い急な登りがクネクネト続いて、走りにくいことといったら…路面が濡れているので、余計です。
b0020250_18160092.jpg
金峰神社下に着きました。
ここから先は、大峰山方面への尾根を走る林道です。
b0020250_18161068.jpg
霧が濃くなって、周りがだんだん見えなくなってきました。
南下するつもりでしたが、Uターンしてきて、一休みです。
標高が上がってきましたので、気温は16度と丁度イイ!
b0020250_18161965.jpg
林道を黒滝村方面に降りてきました。
b0020250_18163910.jpg
このタイヤ(固そう)は、滑る滑る。
溝があっても安心できませんので、アクセルは慎重に開けないといけません。
ペースを落として、ソロソロ運転です。
b0020250_18165268.jpg
濡れた路面での前後連動ブレーキは、コントロールし易いです。
乾きかけた路面でも、イイですねえ。
でも、乾いた路面では邪魔になります。
200ならまだしも、125は力も弱いので、回転とスピードを落とさないためには、リヤブレーキだけが欲しいのにぃ。
b0020250_18170979.jpg
帰りは、下市まで下りてくると路面は乾いて、ペースは上がります。
金剛峠の長い登りは、濡れていてアクセルはそれほど開けることはできませんけど、それでも非力感は辛かったです。
RST200なら、楽しく走れたでしょうね。
燃費は、30km/Lは行ったでしょうから、まあこれでいいか。

by moltobene1 | 2018-06-12 19:20 | ぶらっと旅 | Comments(2)