2018年 06月 07日 ( 3 )

オーバーヒートの原因は、・・・

昨日、帰りの途中でなにやら音がして、エンジンの調子も悪くなったとのことで、お寄り頂きました。
プラグキャップがグラグラなのは直しましたが、エンジンがオーバーヒートしているようなので、そのままお預かりしました。

水温計は目一杯振っても、ラジエター周りは全く熱くなっていませんでした。
まあ、ポンプでも外せば原因は判るだろうと、作業開始です。
b0020250_17093539.jpg
ポンプ本体が回りません。
b0020250_17094211.jpg
ドリブン側のプレートの真ん中が溶けて空回りしたんです。
b0020250_17095069.jpg
パーツの入荷までしばらく掛かりますので、それまでは動けるようにします。
手間は掛かりますが、入荷まではお預かり出来ません・・・こんなことはあろうかと、USED品をはストックしてます。
VXR用のタイプのカバーは、すでに廃盤になっていますので、このタイプしかありません。
b0020250_17095722.jpg
温度の上がり具合と漏れをチェックです。
b0020250_17100422.jpg

by moltobene1 | 2018-06-07 17:51 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(1)

最後に、変だなあ~

納車直前に、最後の試運転です。
右に一杯ハンドルを切ってしばらくすると、回転が上がってきます。
キャブ側のワイヤーの遊びもあるのに??
ひょっとして、デイトナ製のハイスロ?が原因・・・か。
b0020250_17101646.jpg
やはり、短い方が付けてありました。
いくら取り回しを変えて遊びを作っても、元々短いんでは、どうしようもないです。
b0020250_17102698.jpg
元へ戻りました。
いつもの長さのが付いているばかりと思い込んでいましたし、ココで気が付いてヨカッタです。
b0020250_17103368.jpg

by moltobene1 | 2018-06-07 17:11 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

チョークの掛かり具合

ノーマルの、デロルトキャブです。
スタータージェットが詰まっていたので、取り除いて掛かりは良くなったのですが、イマイチ回転の上がりが悪いんです。
もうちょっとの所の調整代がないので、チョークソレノイドを交換してみました。
冷間時のストロークは、若干違う程度だったんですが、とりあえず入れ替えて様子を診ます。
b0020250_17074322.jpg
かぶりが少なくなって、アイドリングも落ち着きました。
これなら、始動時のプラグのかぶり具合も少なく出来そうです。
b0020250_17075178.jpg

by moltobene1 | 2018-06-07 17:08 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)