2018年 04月 02日 ( 4 )

ヘッドライトSW

LED球に交換したのを期に、取り付けています。
いつも遊んでいるだけで使うこともないので・・・目的外使用ですな。
ライトの位置が高くて、配光パターンがあまり良くない(カットラインが出ていない)ので、前に止まった車の中を照らすのに気が引けて・・・。
よく見かける眩しいライトのヤツは、きっとLED球に交換してるんじゃあないかと、思ってしまいますわ。
b0020250_18535307.jpg

by moltobene1 | 2018-04-02 19:57 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

さて次は、キャブ廻り・・・

さてさて、キャブ廻りをどうするかです。
このままいけるのかなあ〜。
b0020250_18132499.jpg


by moltobene1 | 2018-04-02 19:54 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

エンジン修理開始

むむむむ、ヘッドが抜けにくいです。
冷却廻りに、随分サビが回っているようです。
b0020250_17070750.jpg
シリンダーがなかなか抜けませんでした。
思った以上に状態が悪そうです。
b0020250_17071621.jpg
シリンダー内部にも、傷跡が残っていますね。
b0020250_17072424.jpg
シールの当たるシャフト部分が、大きく段減りしています。
b0020250_17073999.jpg
クランクのB/G受け部は大丈夫でした。
b0020250_17074529.jpg
キレイに洗浄してから、状態を再チェックです。
by moltobene1 | 2018-04-02 17:38 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

セカンダリーのメンテ

ココまでは分解が出来ないということでしたので、説明しながら作業を進めていきました。
正しく作業を進めるのは大事です。

ココがスムーズに動いていないと、いくらバリエターを触ってもダメですモンね。
リヤプーリースリーブが抜けにくい時は、潤滑剤を吹き付けてしばらく放置します。
薄いレバーを2箇所から差し込んで、持ち上げるんですが、固くて動かない時は、パイプレンチで軽く掴んで回転方向にずらしてみます。
ちょっと動けば、あとは楽勝で外れます。
b0020250_14163052.jpg
この樹脂カバーの先は薄くなっていて、内側に折れ曲がって動きの邪魔をする時があります。
私は、2~3mmカットしてペーパーで仕上げておきます。
b0020250_14164399.jpg
スリーブを入れる時は、スライディングシープが動かないように、プーリー溝に樹脂製のレバー(ロングノーズプライヤーの手持ちの樹脂部分が、丁度イイ)を挟んでおくと、スムーズに入って、グリースがはみ出ることもありません。
組み上がったら、プーリーを何回も動かしてみて、余分なグリースは取り除いておくのを忘れないようにしましょう。
b0020250_14165185.jpg
クラッチのピポット部分の動きは、よく診ておきましょう。
シューの一個でも動き(少ししか動きませんが)が悪ければ、ジャダーの原因にもなりますからね。
b0020250_14165837.jpg
キレイにして、Ass'yで組み上がれば、出来上がりです!
あとは駆動系内に組み込むだけですから、大丈夫でしょうね。
b0020250_14170459.jpg

by moltobene1 | 2018-04-02 17:31 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)