2018年 03月 07日 ( 3 )

一人で載せるのは、・・・

リフトへ車両を移動してくるのは、大変というより危ないです。
エンジンはなくても、車体にセンタースタンドが付いているので、後側を持ち上げて”ヒョコヒョコ”と動かしていきます。
リフトに上げる時に、ハンドルが真っ直ぐから動かないように、ちょこっと細工すれば・・・。
誰かが来られていれば、ちょこっとハンドルを持って頂ければいいんですけど、あいにく誰も~。

リフトに乗りさえすれば、付属のパーツを取り付けていきます。
b0020250_17143451.jpg
一番は、冷却用ホースを繋いでクーラント注入です。
この状態で明日まで置いて、漏れ等をチェックします。
あわててエンジンを掛けることはありません。
b0020250_17144061.jpg
チャンバーを取り付けて、ほぼ形が出来上がりました。
b0020250_18323755.jpg

by moltobene1 | 2018-03-07 18:35 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

ゴロンゴロンと返して

エンジンスタンドを作ろうと思ったこともありましたが、いつもこんな格好でやっているので、ついついそのままの状態で。
エンジン廻りを組み付けて、載せる準備に掛かります。
b0020250_13525220.jpg
オイルポンプドライブベルトも交換して、作業は次へと進めます。
b0020250_13525992.jpg

by moltobene1 | 2018-03-07 14:31 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

排気ガス漏れ

エキパイの亀裂を修理して、排気ガス漏れもなくなって快調に・・・。
かすかに漏れる音が、再び聞こえてきました。
やはり、純正G/Kじゃなかったからダメだったかなとか、パイプにまたヒビが入ったかなとか、いろいろ画策します。
まあ、ともかく診てみないことにはね。
b0020250_13522250.jpg
取り付けナットが弛んでいました。
ナットとパイプの隙間が無くて、”なかなか締めにくい”と、ブツブツ言いながらやったので、充分に締め切れなかったようです。
まあ、今回もやりにくいのは前回と一緒です。
手前はまだしも、奥側はメガネレンチも入りません。
周りを薄く削ったショートのレンチにするか、肉厚の薄いソケットを使うか・・・面倒~!
b0020250_13522948.jpg
なんとか締め上げました。
やはり、漏れがないというのはイイモンです。

by moltobene1 | 2018-03-07 14:10 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)