<< 信用していいもの 夜明けのニューマシン >>

発進時ジャダー

前回、駆動系をチェックしてから600km程です。
長い時間乗り込む程、症状が出てくるようです。
b0020250_16320808.jpg
クラッチベルの当たり面に、一定間隔の変色が見られます。
この状態になると、もう直らないと思います。
クラッチ側が悪いと勘違いする場合も出てきますが。
b0020250_16321439.jpg
もちろん、クラッチシューがスムーズに動いていることが、絶対条件ですから、しっかりメンテしておきます。
ココまでバラしたら、セカンダリーシープもメンテです。
b0020250_16323043.jpg
下側のOリングが伸びて、元に収まらなくなりましたので、交換です。
b0020250_16323748.jpg
クラッチも、スッキリしました。
b0020250_16324211.jpg
ココまでやっておけば、当分の間は大丈夫ですね。
b0020250_16325076.jpg
セカンダリーは、これでOKです。
b0020250_16325588.jpg
フェースのOリングが切れていましたので、取り外していました。
今回、部品が入荷していましたので取り付けます。
b0020250_16331435.jpg
プーリーフェースとギヤの位置は、マークで合わせますが・・・。
b0020250_16332248.jpg
組み込むと、少しずれます。
これぐらいは、全然気にしないんでしょうね・・・ピタッと、合わせといて欲しいです。
b0020250_16332930.jpg
決め手は、ポリーニのクラッチベルです。
食いつきも持ちもイイですから、一番のお薦めです。
長持ちさせる為に、先ほどのメンテが必要だったんですね。
b0020250_16333407.jpg

by moltobene1 | 2018-07-09 17:39 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)
<< 信用していいもの 夜明けのニューマシン >>