<< コレもOK ランナー水漏れ >>

ガリバー再開

b0020250_18104773.jpg燃料タンクのひび割れが、直ってきました。
素材は、PPではなくてPEでした。

今回はちょっと手直しがあり、時間が掛かってしまいました。
樹脂溶接って、やってるところがあるんですねえ。

広範囲に修理しているようですが、実際は2cm程の亀裂です。





b0020250_1811212.jpgタンクを取り付けて燃料を入れましたが、燃料ゲージが動きません。
残量警告灯も点きっぱなしです。

燃料センサーを抜き出して、点検してみると・・・。
フロートの動きが重い!
ガソリンの中では浮いているんですが、やっと浮いている感じです。






b0020250_18111784.jpg入っていたフロートです。
フロートが溶けて、ガソリンがしみこんだ?












b0020250_18112981.jpg正常なフロートです。
コレぐらいの差でも、メーターの指示は全く違います。
正常に動き出しました。

ST/RSTでも、燃料計があてにならないのは、コレですね。
この場合は、分解するとちゃんと組み付けるのが大変なので、Ass’y交換です。

アプリアの古いのは、大抵このフロートなので、イイのが有ればストックしておかないと。
by moltobene1 | 2013-10-30 18:47 | ガリバー記
<< コレもOK ランナー水漏れ >>