<< 最後の最後は 最終チェックで >>

お久しぶりです

しばらく見かけなかったので、“ガリバー君”は何処かへ行ってしまったのかなと思っていました。
突然、Nさんがガリバーを押しての来店です。
2年程都合で乗っていなかったけど、「とても気に入ってるので、まだまだ乗りますよ~」と、うれしいお言葉です。
気合いを入れて直しますよ!

b0020250_1791281.jpgバッテリーはダメ
燃料も多分ダメ
キャブも詰まっているだろうし











b0020250_1792993.jpgキャブに燃料が入っていませんでした??
もちろん、エンジンは掛かりません。
燃料が来ていないとは・・・。











b0020250_1794630.jpgクランクケースから負圧の取り出しホースが。
ケース廻りは、オイルでベタベタです。
ホースがケースの角に当たっていて、裂けていました。











b0020250_1710188.jpgこのホースの片割れは、ステップボード下のバキューム燃料ポンプにつながっています。
ああ、こういうことか・・・納得します。












b0020250_17102199.jpg二重構造のホースで、引き直します。

コレでエンジンが掛かるはずだったんですが、ここから苦難の道が続きます。

掛かりそうで掛からないのが続きますので、一度よく考えてから・・・。









b0020250_17105950.jpgマフラーに、なにやら砂みたいなものが詰まっています。
一応取り出せるだけ頑張りますが、奥の方は無理。

マフラーから、排気ガスが出てこないのでは、エンジンは掛かりませんわな。










b0020250_17111720.jpgSR用のマフラーを取り付けて、エンジン始動です。
元気にエンジンが掛かりました。

が、煙はモクモクと・・・店内は真っ白で、流れ出た煙で前を通る人も大迷惑です。
エライ、スンマセン!
しばらくは我慢して、煙の収まるのを待ちます。








b0020250_17113387.jpgやっと収まってきました。

デロルトキャブのドレインプラグから、燃料が漏れ出てきます。
どおりで、キャブに燃料が残った跡がなかったんだ。
キャブがひどい状態にならなくてヨカッタ。

コレはよくあるトラブルなんですが、Oリングが無いとなかなか直すのが難しい。
2stランナーのノーマルキャブでも、時々見かけますね。
by moltobene1 | 2013-07-04 18:55 | ガリバー記
<< 最後の最後は 最終チェックで >>