<   2013年 10月 ( 47 )   > この月の画像一覧

これだけの差で

b0020250_1957599.jpgフロートの浮き比べです。
勢いよく浮き上がらないと、ダメなんですよねえ。
by moltobene1 | 2013-10-31 20:57 | ガリバー記

コレもOK

b0020250_19585473.jpgアプリリア SRモタード125
OJ_プロレッグカバーのAタイプを取り付けています。

以前のランナー用が、そのままピタッと取り付け可能です。
ベルトの引っかけを1箇所追加しただけです。

このAタイプは汎用性が高くて、大いに役に立ってくれますね!
by moltobene1 | 2013-10-31 20:03 | レッグカバー

ガリバー再開

b0020250_18104773.jpg燃料タンクのひび割れが、直ってきました。
素材は、PPではなくてPEでした。

今回はちょっと手直しがあり、時間が掛かってしまいました。
樹脂溶接って、やってるところがあるんですねえ。

広範囲に修理しているようですが、実際は2cm程の亀裂です。





b0020250_1811212.jpgタンクを取り付けて燃料を入れましたが、燃料ゲージが動きません。
残量警告灯も点きっぱなしです。

燃料センサーを抜き出して、点検してみると・・・。
フロートの動きが重い!
ガソリンの中では浮いているんですが、やっと浮いている感じです。






b0020250_18111784.jpg入っていたフロートです。
フロートが溶けて、ガソリンがしみこんだ?












b0020250_18112981.jpg正常なフロートです。
コレぐらいの差でも、メーターの指示は全く違います。
正常に動き出しました。

ST/RSTでも、燃料計があてにならないのは、コレですね。
この場合は、分解するとちゃんと組み付けるのが大変なので、Ass’y交換です。

アプリアの古いのは、大抵このフロートなので、イイのが有ればストックしておかないと。
by moltobene1 | 2013-10-30 18:47 | ガリバー記

ランナー水漏れ

組み上げたばかりなのに、ケースのつなぎ目からクーラント漏れが・・・。
これは一大事です。
最悪は・・・もう一度やり直しか。
そこは慣れたものです。
慣れたというのはちょっと都合が悪いですが、何回もやっていろんなことに遭遇しているので、何とか出来るという信念で取り掛かります。
作業自体は通常の作業の再確認です。
不具合箇所が特定出来たので、慎重にやり直します(みっともな~い)。

作業後、十分にチェックしましたので、これで安心かと。
どうしたら直せるかを考ええながらやっていくのも、結構楽しかったりします。
同じエンジンばかり扱っているので、トラブった時こそ闘志が・・・ちょっと変ですけどね。
by moltobene1 | 2013-10-28 22:59 | nabeさんのイタスク屋日記

しっかり取り付け出来ます

ランナーのレッグカバーの固定方法:
S字フックを使ってベルトを固定するようにしました。
本来は、下側の固定ベルトはカウルに引っ掛けるるんですが、どうもカバーを固定するにはしっかり感が出なかったので、カウル下の金属のフックに、S字フックをこのように引っ掛けることにしました。
中央のベルトは、ヘッドライトの下を回して、90度曲げたフック(ヘッドライト固定用ボルトと共締め)に引っかけておきます。
これで、ベルトがおもいっきり締め上げることが出来て、隙間が無くなると思います。

*通販でお送りする場合も同様に、簡単にしっかり取り付け出来るようにしてお届けします。

b0020250_1755132.jpgb0020250_17551042.jpg












b0020250_1822437.jpg冬本番になりますと、走行中もの水温もほとんど上がらなくなりますので、ラジエターの前にガムテープを貼り付けます。

水温計も動き出して、暖かさが一段と増します。
これ以上貼り付けますと、渋滞時の停車中に電動ファンが回るようになるので、これぐらいにしといた方がよさそう。
by moltobene1 | 2013-10-28 17:51 | レッグカバー

ゆっくり出来るはずが

ランナーの仕上げを余裕で出来ると、朝からゆっくりスタートしました。
まあ、こればかりだと間が持ちませんけどね。

YさんのST200が、初めてお越しです。
冷却系のバイパスホースに亀裂が発生して、クーラント漏れが・・・。
車体に接触し続けていたせいでしょうね。
亀裂部分を切り離してジョイントするには、ちょっと気に入らないので、ホース1本分交換することにしました。
ちょっと手間取りましたが、無事終了です。
今後も、ぜひ寄って頂いて贔屓にしてやって下さいませ。
STなら、何とか出来そうですんでヨロシクです。

Kさんの2stランナーは、エンジンがかぶり気味で調子が悪いとの事でお越しです。
オートチョークのソレノイドが熱くなっていないので、チョークが効きっぱなしと判断します。
配線のコネクターを調べると、電源が入ってきていません。
コネクターの中で、端子が抜けているのを発見・・・簡単に見つかってヨカッタです。
プラグがかぶっているだろうとプラグキャップを取り外すと、プラグの頭のターミナルのネジ部分がゴソゴソでした。
かぶりどころか、エンジンストップになる寸前でした。

I さんのST200に、ブレンボのマスターを取付ようと、相談を受けます。
ヘントン製とはあまり変わらないようなタイプですが、そこは拘りなんですね。
取り付け可能か、レイアウトを見ながら確認しました。
マスターの加工が必要なので、マスターのみをしばらくお預かりすることにしました。
キャリパーを替える方はおられますが、マスターはねえ・・・見えないところへ拘るのが、楽しいんだそうですす。
by moltobene1 | 2013-10-27 22:24 | nabeさんのイタスク屋日記

2個目の決断

SさんのST200です。
バリエーターの交換も検討されておられましたが・・・。

**********************************************************************
今日はありがとうございます。ヽ(*´∀`)ノ
謎箱レポートです。

みなさんの感想を見ていて、ナベさんに勧められるままに1つ目をインストール。
駆動系はノーマルながら、走り出しのスムーズさと、R-Styleのマフラーの音が割れた破裂音から、低くまとまった音質に変化したのがわかりました。

そして、2つ目の購入。
駆動系をいじって、5000回転でミートするまで、のんびりスタートの時は出足のかったるさが否めなかった感がありました。
しかし、2つ目はそれすらかき消してしまう力強さが体感できました。
アクセルをひねった瞬間から、のんびりスタートしても、グイグイ延びていくのがわかります。

次は・・・車にインストールですね(笑)
**********************************************************************

2個目も、やってくれましたねえ!
喜んでいただけるのが、なりより嬉しいです。
by moltobene1 | 2013-10-26 23:35 | 「謎箱」レポート

あれこれと

b0020250_17453377.jpgセンタースタンドとサイドスタンドの改造品です。

サイドスタンドは延長タイプで、車体の傾きがちょうど良い具合にしてあります。
センタースタンドは、脚には補強を入れて曲がらないようにし、接地面は少し嵩上げしてあります。
スタンドを立ててリヤタイヤが接地するというのは、車体の安定も悪くなって危険です。
それに、格好も悪いしね!





b0020250_1746657.jpgインジケーターレンズのツメが折れてしまったので、プラリペアで補修です。
“型取りくん”を使えば、簡単に出来上がります。
クリアがなかったので白で・・・ツメの部分は中へ入り込むので、コレでOKですわ。
by moltobene1 | 2013-10-26 20:05 | nabeさんのイタスク屋日記

なかなかいける・・・かも

b0020250_15322414.jpg試運転してきました。
全体的に軽~く走れますので、楽ですねえ。

エンジンを始動してすぐ走り出しまして一瞬のもたつきは感じましたが、その後は全くスムーズで快適です。
手動チョークなので、エンジン始動のみに使えて、濃い燃料で跡を引く事はありません。








b0020250_15324728.jpgタイヤは要交換で、何にしようか迷い中です。
ランプ類は、後期型に交換しました。















b0020250_1533292.jpg左側面だけに、シルバーのストライプを入れています。
コレの方が、モルトベーネ仕様と判っていいかな~。

あとは、シート加工してフェンダーレスプレートの取付かな。

売りもんに出来んなあ・・・コレが問題だ。
by moltobene1 | 2013-10-26 16:38 | nabeさんのイタスク屋日記

順調に・・・

b0020250_15194343.jpgバリエータの側壁が削れて、使い物になりません。
WRの芯と樹脂部分がバラけているんですから、しょうがないんです。

バリエータなら、何とかなるんですわ。











b0020250_1520079.jpgエキパイのサビを落として耐熱塗料を塗れば、ちょっとは見栄えも上がろうというものです。

ダイナモカバーも、ガンメタに塗っちゃいましたわ。











b0020250_15201844.jpgデロルトのノーマルキャブに、リモコンチョークを取り付けました。
オートチョークの効きが気に入らないので、何とかしたかったんです。
キャブを交換しなくてもいいんですよ・・・あああ、商売にならんなあ(笑)
でもいいんです、こういう事も出来るってことが判っていただければ。









b0020250_1959330.jpgちょこっとチョークレバーを押して、エンジンが掛かりました。
アイドリングの安定するまで、それほど時間はかかりません。
これは、ケイヒンPE24キャブに交換したときと一緒です。
もちろんこれは20.5Φなので、一緒の性能まではいきませんが・・・気に入りました。

まあ、大きく売り込むほどのものではありませんけどね。
by moltobene1 | 2013-10-24 22:17 | nabeさんのイタスク屋日記