2018年 01月 15日 ( 3 )

燃料漏れがひどい

キャブの廻りから漏れているようだと、レスキューされてやって来ました。
それでも、入庫して頂くまでしばらくお待ち頂いていました。
たまたま知り合った方がココのお客様だったそうで、今回のトラブルで紹介してもらったのを思い出されたとか。
ともかくお預かりして、状態を見てみます。

点検箇所が全て見えるように、カウル類は外してしまいます。
エンジンは、掛かりそうで掛かりません。
燃料が、ポタポタ落ちてきました。
b0020250_18151782.jpg
キャブのオーバーフローパイプから、漏れ出た痕があります。
燃料ホースもカチカチです。
b0020250_18154794.jpg
触っていたら、ポロッと千切れました・・・危ないところですわ。
b0020250_18161677.jpg
ストレーナーに燃料が、少ししかありません。
ということは、燃料ホース劣化/燃料の流れが悪い/ストレーナー詰まり/電磁ポンプが止まる/キャブに不純物/オーバーフロー
症状をまとめていけば、原因が判ろうというものです。
燃料タンク内を含めて、キャブまでの全てのラインの見直しですな。
中途半端に直して、何回も同じ症状になったことがありますので、学習機能は働かせなくってはね。
ST/RSTでも、負圧タイプの燃料ポンプの車両もあって、このような症状は出にくいです。
STの最終モデルは、この負圧タイプに変わっていましたね。
b0020250_18164671.jpg

by moltobene1 | 2018-01-15 20:57 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

フォークの続き

一応、塗装は出来たけど、寒い時期なので取扱注意!です。
しばらく置いておかない・・・温風ではダメですねえ。
休み明けには、組み始めることが出来るでしょうか。
b0020250_18212089.jpg

by moltobene1 | 2018-01-15 18:39 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

永らくお待たせして

スカラベ君が、やっと引き渡しになりました。
部品の手配に始まって、ほぼ40日程かかってしまいました・・・まあ、休みも入ってますけど。
メーカーにパーツがないのもあるので、どうにかしないといけなかったのもあったし。
作業性の悪さは、慣れてしまえば何とか出来るんですけど・・・それでも、凝った作りですから(ネジが多過ぎやわ)。
イタスク同士の融通の利かないのも痛くて、アプリリアは特にそうなんですよ。
バイク自体の作りはいいのに、妙に拘ったところが・・・これがいいのかもしれませんが。
ご機嫌で乗って頂ければイイんですけどね。

by moltobene1 | 2018-01-15 18:34 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(2)