2017年 08月 10日 ( 4 )

順調に作業が進んで

バラした時点で止める気でおりましたが、オイルシールの交換をし出した時から・・・仕上げてしまおう。
今日は集中していましたので、思った時間内に完成です。
b0020250_18331560.jpg
オイルは、Bitubo製で#7.5にしました。
ストロークがあってしっかり感が出るんじゃあないかなと。
b0020250_18332033.jpg

by moltobene1 | 2017-08-10 21:05 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

F36Rメンテ

発注していたマロッシパーツが、早めに到着しましたので、あわててメンテ開始です。
ゆっくり出来ると(時間はあった)、なかなか取り掛からないモンですねえ。
依頼主のSさんからも、「急ぎませんから」といわれていたので、忙しさに紛れてついつい後回しになっていました。
b0020250_15012636.jpg
当店が手に入れる前に、すでにオイル交換はされていたらしくて、汚れ等はあまりありませんでしたので、作業開始から順調です。
こちらは、左のフォークでバネが入っている方です。
b0020250_15015924.jpg
オイルシールは、このカバー内に取り付けます。
スナップリングやOリングが沢山使われています。
b0020250_15022863.jpg
左側は、ダンパーのみですね。
抜き出したオイルは、丁度150ccでした・・・インナーも、汚れていないでしょ。
b0020250_15025602.jpg
ボトムケースからドレインのキャップを弛めるのには、特殊工具が必要そうです。
・・・が、無いものは仕方がないので、ボルトを差し込んで傷付かないようにテープを撒いて、パイプレンチで回します。
もう、何回かやっているので、要領も判っていてスムーズに事は運びました。
b0020250_15030280.jpg
丁寧に洗浄して、ゆっくり組み付ければイイんですね。
こうしてブログに残しておくと、次の機会に忘れた時などは大いに役立つんです。
ノートにも書き綴ってはいますが、何処へ書いたか探すの大変です。

by moltobene1 | 2017-08-10 15:33 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

構造から来る

快調に走り出していますが・・・。
サイレンサーが振動して、ビビっています。
”取り付け方法に問題あり”な様です。
b0020250_13472233.jpg
サイレンサーバンドの付いている辺りで、チャンバー本体に固定してあれば良いんでしょうが。
このチャンバーは、プレートを介して前側で固定してあるので、振動は収まらないかも。
後側は差し込みタイプなので、ガタが出やすいでしょうし。
b0020250_13472871.jpg
今までの少ない経験の中でも、補強すればする程あちこちが壊れていっていますね。
スコーピオンのチャンバーで、悪い方向に嵌りましたからね。
ガチガチに固める方法は・・・考えモンです。

by moltobene1 | 2017-08-10 15:30 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

チェックバルブ

純正キャブから取り外したオイルジェットは、いくらでもあるわけないし取り付け角度も制限されます。
よく改造しているPEやPWKにも取り付けたかったんですが・・・。
とりあえずPEには、ノーマルキャブから移植しています。
PWKにはオイルホースを直接取り付けていますので、オイルの吐出が気になるところです。

******************************************************************************************************
Yさんより、耳寄り情報を頂きました・・・ありがとうございます。
 ランナー純正キャブレターニップルと作動開始圧は同じです。
 オイルホース差込径も同じです。
 少しカットして使用しております。
 画像を添付しましたので確認ください。
b0020250_09170875.jpg
b0020250_09171666.jpg

by moltobene1 | 2017-08-10 09:43 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)