2017年 03月 02日 ( 2 )

無事、走ってくれよ

燃料タンク内の燃料を抜き出して、燃料ラインを交換及び清掃します。
インマニ→ポンプ間の負圧ホースに問題があったようで、フロートレベルが安定しました。
このホース、内径が太いんじゃないか?・・・経年劣化で、やけに柔らかくなってる~。
キャブも、もう一度チェックして・・・何回目や・・・PJの詰まりはなくなりました。
今度は慎重に試運転です(笑)
調子が戻ったようで、たどり着いて一息つきました。
もっと早く直さないといけないですよね。
b0020250_16222377.jpg

by moltobene1 | 2017-03-02 20:46 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)

エンジン以外でも

2stランナーに戻りました。
早速、サブタンク内に何か見えます・・・バキュームコックのストレーナーが外れてる~。
うまい具合に取れればいいが、そうでなかったら面倒だなあ。 
b0020250_16223336.jpg
オイルポンプのギアとベルトを交換して、駆動系側を組み始めました。
キレイになっていると、作業はやり易いです・・・その後が問題だ。
b0020250_16223976.jpg
初期型のプーリーは、グリースが多く入っているので、WRの片減りは起こりにくいです。
ただ、メンテの具合が悪くて、全くその良さが出ていなかったので、元の状態に戻します。
オイルが飛び散らないように、カバーの内側にOリングを入れてあります。
b0020250_16224569.jpg
スライディングシープ側も、全くダメです。
オイルシールが付いてない(?)ので、グリースっ気がありません。
よく動いていたなあ。
b0020250_16225300.jpg
溝が広がっていて(左側)ガタガタのはずです。
動きが全く悪いので、変速が行われていたのか。
実際は、ノーマルプーリーなのに軽いWR(13g)と柔らかいセンターS/Pで対応しているとは。
b0020250_16230449.jpg

by moltobene1 | 2017-03-02 16:50 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)