<< 随分、久しぶりのお墓参り 台風のおかげで >>

お米屋さんのカブ

エンジンが掛からないというので、レスキューしてきました。
キックすれども、エンジンの掛かる様子は、全然ありません。プラグを点検後、キャブレターを取り外します。
左: キャブ横のストレーナーの中は、こんな状態ですから、フロート内の様子は、想像がつきます。
案の定、PJが詰まっていて、なかなかその詰まりを取り除くことが出来ません。強力エンジンコンディショナーの液に、2時間程浸けておいて、そのあと執念深く詰まりを取り除きます。
右: カウルの割れもひどいので、半田ごてでカウルを溶かしながら、引っ付けていきます。あまりにも割れのひどいところは、アルミテープを貼り付けておきます。
b0020250_18282785.jpgb0020250_1828388.jpg











もちろん、これでエンジンの調子が戻るのは云うまでもありませんが、さすが世界のカブです、安定度合いが格別です。
b0020250_18285146.jpg





















b0020250_1950134.jpgエンジンオイルは真っ黒で、2回洗浄してやっとオイルの色に変わりました。
これで快調に・・・と思いきや、マフラーに穴が・・・。
手持ちのマフラー用の補修バンドがないので、アルミ板を金属充填材で引っ付けて、その上からアルミテープで巻いておきます・・・当初の修理方法を見たら、ひっくり返りますワ(笑)。
by moltobene1 | 2007-07-16 18:28 | nabeさんの徒然日記
<< 随分、久しぶりのお墓参り 台風のおかげで >>