<< 通勤快速の必需品も ’05.7.17 夏の小豆島ツ... >>

’05.7.17 夏の小豆島ツーリング報告・Ⅰ

第二回真夏の耐久日帰りツーリング IN小豆島

暑くなると覚悟して、弁天町を予定通り6時に出発です。
ところが、太陽は顔を出さず、楽チンの走行です。
V-MAX、RZ350、ランナー180、SR125、NS125F、エアロックスにラリーの7台です。
途中、明石での休憩を挟んでも、一時間前には余裕で姫路港に到着しました。シーズンとあって、人も車も一杯ですが、フェリーに乗り込めば、100分間はゴロンとなって一休みです。
フェリーは、凪の家島群島を見ながら南下していきました。
小豆島福田港に11時25分到着。さあ出発ですが、昼食までの時間の余裕がありません。それでも、回ってみたいところもいろいろありますので、とにかく急ぐことにします。下へ↓
300km無事、これ幸いb0020250_112246.jpg























左: 一回目の休憩は、明石のコンビニで、予定より早く着いて、リラックスしています。
右: Y氏のスクリーンが、走行中割れてしまいましたので、応急処置してます。
b0020250_11342213.jpgb0020250_11343065.jpg











左: 姫路港で、小豆島行きのフェリーを待っているところです。他に、もうひとグループが。
右: 乗客も車も多く、早く着いて乗船できるのが判ると、余裕で歓談してます。
b0020250_1136465.jpgb0020250_11361376.jpg











左: 地元、丸島醤油を使った、しょうゆ入りソフトクリーム、250円です。美味であります。
右: 土庄港近くの食堂を予約ししておきました。さすが連休、民宿も一杯だそうです。
b0020250_1144475.jpgb0020250_11441588.jpg











436号線を南下して、内海町方面へ。日差しもないし海岸沿いは快適です。先頭は、一番遅い私のラリーですが、それでも精一杯飛ばしていきます。まあ、後方軍団は、”余裕のよっちゃん”でしょうが。最初に目指すは、ご存じ二十四の瞳映画村です。
映画村への入場は諦めて、前の売店でソフトクリームを食べることに。オリーブ入りとしょうゆ入りがありましたが、全員後者を選択です、正解でした!
あと一時間ちょっとで、土庄港そばの食堂にたどり着かないといけないのですが、メインイベントは、寒霞渓オリーブラインを走破です。
最初は、ガンガンいっていましたが、途中からの急な登りにあえなく失速ぎみで、最後尾から追従(遙か彼方に置いていかれました・悔)です。あいにくのモヤで、廻りの景色は見えませんが、冷気を感じながらの、それなりの快適さで、みんなの待つ展望台へ。
「四方指し」という、360度見渡せる展望台もあるのですが、残念ながら視界も時間もありません。あとは、土庄町に向かって、どんどん下っていきます。ブレーキもサスもタイヤもプアなので、おっかなびっくりですが、予定した時間に10分程遅れて到着です。続く↓
by moltobene1 | 2005-07-18 11:22 | ツーリング関係
<< 通勤快速の必需品も ’05.7.17 夏の小豆島ツ... >>