<< エンジン修理 出来の悪いやつ >>

チャンバー取り付け

ココの差し込み部分がスムーズでないと、取り付けに苦労します。
溶接跡の内側をキレイに磨きます。
b0020250_15492463.jpg
取り付けフランジのひずみを修正します。
ガスケットとの接触面積が広いので、片当たりがないようにします。
その形状からして、ガスケットの吹き抜けには注意ですから。
エキゾーストの差し込み部分の耐熱クリアーも取り除いて、キレイにしておきます。
b0020250_15492920.jpg
サイレンサーバンドの内側には、緑色のOリングを入れるのですが、このバンドの出来が悪く(変形している)て、Oリングが役に立たない上にすぐに切れます。
帯状のマフラーバンドを使って、真ん中をくりぬいています・・・これで、最初から付いていたかのような出来に変わります。
b0020250_15493467.jpg
もちろん、取り付けアライメントが合っているはずもなく(決めに掛かってますが)、ワッシャーを追加して合わせます。
無理した状態で取り付けるのは、厳禁ですからね。
b0020250_15494646.jpg

by moltobene1 | 2017-09-06 16:23 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)
<< エンジン修理 出来の悪いやつ >>