<< リヤショックは、・・・ タイヤ付きに >>

今回は、気合いが入っていましたが

トラブルが重なりましたので、しばらくお待ち頂いていました。
ココでしばらくお預かりして、まとめてやらせて頂くことになりました。
レスキューで、運ばれてきました。
b0020250_18420775.jpg
遅れて、Kさん到着です。
改造箇所を確認して・・・希望は果てしなく(笑)
b0020250_18423709.jpg
まずは、トラブルを直してからですね。
b0020250_18430785.jpg
なんという、ベルトの破損状態なんでしょうね。
ココまでのは、結構珍しい方でしょう。
b0020250_18433762.jpg
「えええ~、ここまでなるか~」ですな。
b0020250_18443779.jpg
ブラシで取り除いた後、掃除機で吸い取ります。
もちろん、オイルポンプの駆動廻りも取り外し、セカンダリーもバラしますよ。
b0020250_18452334.jpg
カバー側のプレートも取り外して、ベルトの残骸を取り除いて、ココも掃除機で・・・。
b0020250_18460887.jpg
燃料タンク上のホースも交換です。
取り外そうと触ってみると、ホースは崩れるように外れていきます。
b0020250_18463725.jpg
”他の燃料ホースは”と見てみると、あらら・・・固くなって縮んでいます。
ホースが引っ張られている状態なので、折れ曲がったようになっています。
この、ビニール系(?)のホースは危ないです。
耐油ホースだとは思うんですが、耐ガソリンホースじゃないんで、硬化してドンドン縮んできます。
以前、DNAの燃料タンクのブリーザーホースが同様になって、抜けたことがありました。
このホースも、大分縮んできていますわ。
b0020250_18473870.jpg

by moltobene1 | 2017-05-25 18:53 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(1)
Commented by 江戸川区のK at 2017-05-25 23:00 x
ベルトもじゃもじゃ経験、自称日本一の私が来ました(笑)
これは珍しい「星雲型」ですね。固いベルトの破片が暴れまわると、「渦巻き型」になったり「裂きイカ型」になったりします。そろそろ切れそうなので注文しておこうかしら・・・
<< リヤショックは、・・・ タイヤ付きに >>