<< オリジナルステッカー 帰阪中に >>

本格的にやらないとダメ

「”ポリーニEVO”、いっちゃいましょう」
「期待大ですねえ」
「ポリーニは、結構過激にいきますからねえ」
「多分、誰も付けたことがないし、走りはどうなんでしょうね」
と云うことで、早速取り付けようと準備を始めます。
b0020250_16551476.jpg
プーリー径がやけに大きく、不安がよぎります。
他のグリースタイプと違って、プーリーボス部はブッシュタイプで、ボスはコーティングがされています。
むむ、プーリーがケースに当たって入らないぞ・・・。
b0020250_16552773.jpg
どう考えても、入りません。
純正と比べれば、直径が8mmも大きいとは・・・どうしろと云うんでしょう。
参考:プーリー径
純正120mm、マロッシ121mm、ポリーニ9ロール121mm、ポリーニ6ロール121.5mm、ポリーニEVO128mmですね。
ちなみに、プーリーフェイスは純正及びEVO(専用品)共128mmです。
取説には、特に何も書いてないけど、”ケースを削れ”って云うんでしょうか。
b0020250_16552041.jpg
このEVOは、相当気合いを入れないと取り付け出来ないと云うことですな。
とりあえず、次の機会に置いておくことにします。
尚、そのまま取り付けられるものと思ってご紹介しておりましたが、本日販売を止めましたので、ご了承願います。

by moltobene1 | 2017-03-26 18:41 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)
<< オリジナルステッカー 帰阪中に >>