<< 寒さ一服 加工ピストンロッド >>

いけました

新品のインナーキットを見て、コレはいけそう・・・かな。
ちょっと心細くなりましたが、やってみるしかないです。
ゴムカップの径が心なしか大きいし(新品だから)、大丈夫でしょう。
b0020250_17513437.jpg
最初は、オイルを抜く感触がよくありませんでした。
途中から、いけそうな感触に変わりました。
でも、もう一つタッチが悪いんです。
b0020250_17520486.jpg
2個のキャリパーをしっかりメンテします。
おお、握りのしっかり感が出ました。
長期間の放置で、ピストンの動きがスムーズでなかったんだな。
b0020250_17523455.jpg
標準装備のバッテリー(開放型)のブリーダーホースが取り付けにくいのに抜けやすいんです(真っ直ぐ下に下りているから)。
ホースが抜けるとバッテリー廻りが汚れて大変なのと、液補充の面倒さです。
特に、バッテリーのが取り出しにくいことといったら。
同サイズの密閉されたタイプを取り付けることにしました。
サイズがギリギリ(横幅)なので、選択肢はこのタイプなんです。
b0020250_17531994.jpg
開放型の代わりに使い出してしばらく経ちますが、いけてますねえ。
今のところ、このバッテリーで外れたことがありません。
2stランナーもコレを使っています(125は、一つ小さくてターミナル位置が逆です)
ただ、このタイプも何とか出来ますよ。
b0020250_17540421.jpg

by moltobene1 | 2016-11-10 18:38 | nabeさんのイタスク屋日記 | Comments(0)
<< 寒さ一服 加工ピストンロッド >>