<< 「秋のツーリングは、小豆島へ」... 原因追及の結果 >>

「秋のツーリングは、小豆島へ」報告 その3

名勝“寒霞渓”も、ひっそりしていました。
“ふるさと創生1億円”で作られて有名になった「有料トイレ」も、今では無料になっていました。

b0020250_11411941.jpgb0020250_11413649.jpg













このあと、今回のツーリングの走りのメインイベントです。
寒霞渓から大部港まで(県道31号線)、ワインディングを一気に下ります。
この十数キロは、本当にに走りごたえがありました。
海岸線に出てからは、福田港まで(県道26号線)結構な距離を快適に走れます・・・景色も申し分なし。
再び寒霞渓を目指して、登りのワインディング(県道246号線)です。
ここも延々と上っていきます
・・・先頭を走っていなかったら、さぞかし楽しいでしょうに。
オリーブライン(県道29号線)に出たら、草壁港まで一気に下っていきます。
道路が広くて快適ですが、スピードが出過ぎますので要注意です。


左: 草壁港の側の、「手打ちうどん 三太郎」に到着です。
小さなお店なのですが、結構人気があるようです。
グッドタイミングで、11人がうまく滑り込めました。
お腹も空いていたので、あっという間に平らげて、写真撮る間もなかったですわ(笑)。
右: 坂手の近所は、醤油醸造元が沢山あって、「しょうゆ味のソフトクリーム」を売っています。
前回も、「二十四の瞳映画村」の入り口で食べましたねえ。
今回は、フェリー乗り場に到着してから、有志が食べに出かけました。

b0020250_11433324.jpgb0020250_11421913.jpg













b0020250_11483929.jpg帰りのフェリーが入港してきました。
結構多くの車両が、フェリーを待っています。

小豆島って、人気スポットですよね。

今まで、京阪神からの直行便がなかったのが、不思議なぐらいです。












b0020250_11485643.jpg来る時も一緒だったカワサキの900のお兄さんに、声を掛けてみました。
38年前のだそうですが、きれいに仕上がっていましたね。

ハヤシのホィールが、光っていました。














b0020250_11491832.jpgフェリーで一寝入り出来ましたし、全員元気で15時間ぶりに神戸に戻ってきました。

ご参加いただきました皆さん、大変お疲れ様でした。














b0020250_11493665.jpgそれではお気を付けて、我が家に到着まで安全運転でお帰り下さい。

と、お送りしてから、帰るタイミングを逃した5台(RST・SR125・SR50R・VXR200・SR50R)5人であれこれ話が盛り上がり、廻りは誰もいなくなっていましたっけ。


次回も是非、ご参加下さいませ。
by moltobene1 | 2011-10-04 11:42 | ツーリング関係
<< 「秋のツーリングは、小豆島へ」... 原因追及の結果 >>