<< 小さな花壇に咲く花 インターネットラジオ >>

ハクモクレンの咲く頃

b0020250_18111822.jpg一気に暖かくなって、日差しがまぶしくなりました。

やけに白い木が、風に揺れています。
そうか、ハクモクレンか~。
通りがかりだったんですが、車を止めて見入ってました。

ちょうど今頃、桜が咲く前になると咲くんですね。

ハクモクレンと云えば、森村誠一の「純愛物語(プラトニック・ラブ・ストーリー)」を思い出します。

小説を読まなくなって随分なるんですが、なぜこれだけ記憶に残っているんだろう。







b0020250_18113719.jpg大阪ビジネスパークの川沿いのハクモクレンは、ちょこっとは有名ですね。

毎年、カメラを構えている人を何人も見かけますが、こんな事を思い出して眺めている人は、いるんだろうかと。

この花は小さい方で、小説に出てくるのは大きな花だったはずです。
でも、落ちている姿は、見たくないものです。
小説で、その落ちている姿の表現が・・・強く残っています。
by moltobene1 | 2011-03-29 18:42 | nabeさんの徒然日記
<< 小さな花壇に咲く花 インターネットラジオ >>