<< 「秋の四国ツーリング」報告、その2 「秋のツーリング」報告 >>

「秋の四国ツーリング」報告、その1

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。
下手な写真と案内ではありますが、一通り見てやって下さいませ。

b0020250_191630.jpg16日午後11時半に、弁天町駅前を出発した一団は、一時間も掛からずに三宮新港フェリー乗り場に到着です。

高松港までの4時間の間、一寝入りできるはずですが、なかなかそうかいきませんね。
船のエンジン振動で、なかなか寝付けませんでした。








b0020250_1914056.jpg5時過ぎに高松港を出発しましたが、その寒さにレインウェアを着ることにします。
こんな時間に、連れだって走ってる人はいません!

夜が明け始める直前の讃岐路は、丸い山があちこちに浮かび上がってきて、幻想的すらあります。

写真は、夜が明けてからので、雰囲気が変わります。
左のまあるいお山が、讃岐富士です。






b0020250_192323.jpgちょっと道に迷いましたが、予定の6時半「うどん 一代」に到着・・・さあ、うどんが食べられるぞ~???
雰囲気が・・・お店が閉まってる~、まさか休みじゃあないだろう。
7時開店の張り紙が出ていて、換気扇が回っているので、たぶん大丈夫(ニコリ)。

ご主人のご厚意で、開店前に中で待たせていただくことになりました。






左: 私が注文した、「かやくうどん」です。
事前の資料にはなかったんですが、メニューを見つけた瞬間に決めました。
これは、普段食べている味に近く、“玉は讃岐”なので、朝一番にはやさしかったです。
右: 誰かさんは、「肉うどん大」に「寿司」を揃えていましたよ。
よく食べられるというのは、若いという証拠ですな。

b0020250_1922438.jpgb0020250_1924117.jpg










b0020250_1934674.jpg1時間走れば、休憩することにしています。
を見つけて、防波堤でひと休みします。

陽も高くなって、暖かくなってきましたが、やはり山陰は肌寒かったので、体を温めてのんびりします。
海もきれいで、底の魚まで見通せます。
防波堤の先では、釣り人がたくさん見受けられます。








何をするというわけでもないんですけど、ただのんびりとしている時間が楽しいんです。
「集まって写真でも撮ろうか」とのお声がけもなく・・・いつもそうですが。
が、すぐに出発時間が来てしまいます。

b0020250_1941081.jpgb0020250_1942754.jpg










b0020250_1945885.jpg観音寺市琴弾公園へやってきました。
神社の周りは露天が出ていて、賑やかになる直前の様子です。

クネクネのドライブウェーを上がってきて、展望台に到着です。
ここでは、砂で形作った「銭形砂絵」が見下ろせます。

海の青に砂の白、松の緑のコントラストがとてもイイです。





b0020250_1951413.jpg展望台で眺めるだけでは、それほど間が持ちません。

さあ、二杯目のうどんを目指して、「そろそろ、出発するで~」の号令を掛けます。
by moltobene1 | 2010-10-19 21:06 | ツーリング関係
<< 「秋の四国ツーリング」報告、その2 「秋のツーリング」報告 >>